『皆実有朋会公式WEBサイト』 皆実有朋会事務局

第59回総会 展示資料(その1)

 『県女・有朋高校から皆実高校へ 高校再編制』

戦後の教育改革

昭和22年、教育基本法、学校教育法が制定。教育の機会均等、男女共学、6・3・3・4制、義務教育9年制となり新制中学校が発足。
昭和23年、単科制・男女別学制・無学区制が廃止。総合制・男女共学制・小学区制(高校三原則)新制高校が発足。広島県は旧制度のまま校名の変更のみ。新制度は昭和24年から実施。有朋高校、広島県広南高校、広島県広島工業高校、広島県広島工業高校、広島市工業高校の4校が母体となり、該当学区(下述)に居住する各公立校の生徒が編入して総合制皆実高校が設立。昭和26年、職業科に難題が多発。総合制は次第に解体。昭和28年、皆実高校も工業部が分離し単科制となった。

 

高校三原則(総合制・男女共学制・小学区制)について

高校三原則は全ての国民に均等に教育の機会を与える民主主義的・個人主義的教育理念を具現するための制度。

1)総合制
戦前の中等教育は分岐型学校体系で、旧制中学校は旧制高校・大学へ連なるエリートの養成を、高等女学校は良妻賢母主義の女子高等普通教育を、実業学校は工業・商業など実業分野で働く人材養成を目的としたが、総合制は単線型学校体系で、公立学校を統廃合・再編成し同一学校内に普通科と職業科を置き、全ての学生に広く学習の機会を与え、どの学校で学んでも高等教育機関への進学機会を齎すことを目的とした制度。
2)男女共学制
男女の相互理解を深め、男女共に均等に学習の機会を与える制度。
3)小学区制
保護者が居住する小学区の公立高校に進学することにより通学の利便性を高め、高校進学の機会を拡充させることを目的とした制度。

高校三原則の実施内容は都道府県により差が大。総合制では、実施校の割合は、広島100%、東京3%、秋田0%。男女共学制では広島100%、宮城30%。これは占領軍地方軍政部の勧告・指導程度の差によった。

広島県広島皆実高校の小学区

学区は普通部(普通科・生活科)では広島市(千田・皆実・大河・楠那・比治山・段原・仁保各小学校区)、安芸郡(江田島のうち切串・大須・津久茂)、安芸郡(口田・落合・深川・狩小川)、佐伯郡(三高)、工業部では機械科・電気科は広島市・安佐郡などの郡部、建築科・土木科・工業化学科・造船科は全県一円であった。有朋高校2年生、1年生、附設中学3年生の生徒はそれぞれの所属学区の学校に編入・進学した。

 

saihensei
(↑クリックで拡大します)

pdf【PDF】県女・有朋から皆実へ高校再編成(表)

 

学校名の変遷と卒業証書

有朋43期生

昭和23年3月、第一県女を5年で卒業(有朋43期生)した最後の生徒267名のうち、104名は新制の有朋高校3年生に移行し、昭和24年3月有朋高校を卒業。

県女卒業証書(湊様)有朋高校卒業証書(湊様2)
2012-023-Y43湊妙子資料

有朋44期生

県女卒業証書(脇坂様)
昭和23年新制の有朋高校2年生に移行。昭和24年3月、有朋高校2年修了の278名に、学校側の配慮で最後の第一県女卒業証書が授与された。昭和24年4月から居住地の小学区にある公立高校の3年生に編入。再編成の高校1期生として25年3月卒業。

2012- Y44脇坂登久子資料

有朋45期生

昭和22年第一県女附設中学3年生となり、翌昭和23年3月卒業。同年4月には有朋高校1年生となり、昭和24年3月188名が有朋高校1年を修了し、居住地の小学区にある高校の2年生となる。再編成の高校2期生として、昭和26年3月卒業。

三上 中学卒業証書 三上有朋高校卒業証書三上 皆実高校卒業証書
2012-011-Y45三上和枝資料

有朋46期生

五十嵐卒業証書
昭和21年第一県女最後の入学生。昭和22年4月第一県女附設中学2年、昭和23年4月有朋高校併設中学3年生。325名が昭和24年3月併設中学第2回卒業生となった。昭和24年4月各々の居住地の小学区にある公立高校に編入。再編成の高校の1年生となり、昭和27年3月卒業。

2012-005-Y46五十嵐三津恵資料

 

Copyright © 皆実有朋会 All Rights Reserved.