『皆実有朋会公式WEBサイト』 皆実有朋会事務局

第5代校長 増田 忠夫

第5代校長 増田 忠夫

在任期間(年度)昭和38年~昭和42年(1963~1967)

m_05_l広島県尾道北高等学校校長、増田忠夫が第5代校長に就任した。
増田校長は、本校の第一印象について「生徒は気品があるも気迫が不足している。クラブ活動の施設は優れている。県女の大きな風格を感じる」と述べた。
昭和38年度、教育方針は「1.個性の尊重 2.文化の創造 3.身体の強健 4.社会の理解 5.勤労の愛好と義務と責任の履行 6.敬愛と協力」と述べた。昭和39年度は、具体的な学習の方法、授業時間の確保などを盛り込んだ内容となり、在任中継続された。
生徒急増期を迎え進学競争が激しくなる中、増田校長は「魅力ある学校」の育成に努め、時代の要請に応じて学校運営の方針を大きく転換させた。生徒の能力・適性・進路に応じた教育を推奨し、中でも学力強化を強調した。学力増強を図るためには生徒を自由放任にすべきでないとし、年間の授業時間を増やし補習の強化を推し進めていった。このような進学体制の強化は諸行事にも影響を及ぼし、縮小されていった。

お問い合わせ TEL 082-254-1290

Copyright © 皆実有朋会 All Rights Reserved.